「デブネコぴや君」のPちゃんち 

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもご覧くださる皆様へ

<<   作成日時 : 2009/03/22 22:44   >>

トラックバック 0 / コメント 38

ブログを通じて知り合ったANKOさんからの情報です。

ANKOさん自身もお友達のブログで知った情報ですが
以下に転載させて頂きます。


「ペットオーナーの皆さんにお願い。」画像
ワンちゃん猫ちゃんと暮らす方、
大切な家族の命に関わる
危険な商品が出回っています。
皆さまご注意下さい!



転載にご協力おねがいします。多くの人に読んでもらいたいのです。

昨日チャンネル4のニュースで、
ペットに関するこんなニュースが流れましたので、
記事にしたいと思います。

それは主にノミやチックを退治するとして売られているシャンプーや、
体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで、
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし pyrethrins か pyrethroids という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。

ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、
いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、
毛がはえてこなくなったり、という被害にあってることがわかりました。

日本でもきっとこれらののみとりのシャンプーや、
蚤取りの薬は発売されてると思います。
絶対、絶対つかわないでください。おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。
私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。

商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz

チャンネル4
http://www.nbclosangeles.com/news/local/Pet_Products_Concern.html



記事元
 ANKOさんのブログ 「Mac Cat」 より転載しました。



この記事を転載させて頂いた理由は
危険な商品がネットで簡単に手に入ってしまうという事だけではなく
私自身、ぴやのアトピーのきっかけになった出来事があったからです。
記事中の商品とは全く関係がないものです。念のため!

4年前まで春から秋にかけて
毎月、ノミの予防に「フロントライン」を使っていました。
それまでなんでもなかったのですが
医者の都合で4年前の3月から「レボリューション6%」に替えました。
その方が安全だという事でしたので。

その年の夏まで続けた処で痒がるようになり使用を中止しました。
中止しても症状は治まらず、あちこち禿げてしまいました。
それから現在まで症状は一進一退です。

レボリューションはきっかけにすぎません。
ウチが合わなかっただけで、きちんとした製品だと思います。
ただ、そんな事があったのでこの記事が人ごととは思えませんでした。
お薬は正しい処方であっても時に怖いものです。
参考になればと転載させて頂きました。

関連の新しい情報が「Mac Cat」さんのブログで見られますので
是非、ご覧になってください。

ANKOさん ありがとうございました。


画像
ぴやくん、危険なお薬やシャンプーがあるんだって!
こわいねぇ。みんなもきをつけてにゃ





参考になりましたらクリックして頂けると嬉しいです
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログ デブ猫へ

携帯対応はコチラから猫ブログランキング
応援ありがとうございました


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時

(T^T)怖ぃですねぇ〜

既に亡くなったペット達や被害にあわれた飼い主様…とっても可哀相

兎にもあるのかなぁ〜

心配になって来たよ

 
エヴァ
2009/03/22 23:00
早速取り上げて頂き、ありがとうございます。
ぴやくんも被害者の一人....直接的な原因かどうかは判りませんが、
誘発したのには違いないし、他にも副作用報告があります。
辛い痛い目に遭わせてごめんね。
こういった情報が広まり、多くの人が知る事で、
営利主義/ペット軽視の姿勢をただし、
安心して暮らせる環境が出来ればいいですね。
ぴやくん、早く良くなりますように。
ANKO
URL
2009/03/22 23:13
こういう話は絶えないですね。
以前も中国製ペットフードに発がん性のあるものが販売されていることで問題になりました。
医師がすすめるものでも問題があるなんて、困ってしまいますね。
インターネット普及時代にこういう情報は助かります。
punkuma
URL
2009/03/22 23:53
ええ〜 マジで怖いっすねヌ

うちは、猫もうさぎも居るので恐ろしくて...真面目に考えて欲しいですねゥ

うちは、シャンプーとノミ・ダニ駆除は、動物病院で買っています。
飼ってる人の、みになって欲しいですし実験に猫ちゃんが、使われるのは、反対ですゥ

ぴあ君もままさんも気をつけてねホ
みけ
2009/03/23 00:23
恐ろしいですね。
↑の方も書いてらっしゃいますが
ペットフードもありましたし
急成長する産業のウラには危険が見え隠れ
しているのでしょうね…

人間もいろいろなきっかけで不調が出るように
というか人間よりも小さな体ですものね。
例えぴやくんやゴンチンでも(失礼?!)
97。
URL
2009/03/23 01:47
 エヴァさんへ
本当にそうですね。こうして知る事が出来て少しでも被害が少なくなればと思います。
ぴやまま
2009/03/23 02:45
 ANKOさんへ
早速の訪問ありがとうございます。慌ててのアップでしたので、読みづらい箇所など後から気づきました。
少し読みやすく手直ししましたが、ANKOさんがいらした後でしたのでごめんなさい。
ぴやまま
2009/03/23 02:49
 punkumaさんへ
ウチの例は必ずしも悪いものではないと思います。
体質やその時の体調にもよるものでしょう。
ただ、人間の病院と同じで掛かる側にも知識が必要なんだと改めて思いました。
ぴやまま
2009/03/23 02:53
 みけさんへ
動物病院で処方されるものに関しては安全が確認されているそうですよ。
稀に副作用はあるそうですが。
ウチの例はこの件とは直接関係ないのです。
誤解をされたらごめんなさい。
ぴやまま
2009/03/23 03:02
 97。さんへ
本当にそう思います。動物はものが言えませんから私達飼い主が守ってあげるしかないのですもの。
ぴやまま
2009/03/23 03:06
驚きました。
やはり・・・という感じもあります。
愛する子のためにという気持ちを踏みにじることは許せませんね。
自分の意識を高めていかなければ!!!と強く思います。
大切な子を守るために・・・
お教えいただいてありがとうございます。
べべまま
2009/03/23 06:00
恐ろしい物が販売されてるんですね。
このまま 記事にさせていただきます。

ぴやくんはレボリューションで?
我が家も同じレボリューションなんだ。
ちょっと気をつけなきゃね。
教えて頂きありがとう。
玉ちゃん
2009/03/23 07:59
ANKOさんのブログも拝見させて頂きました。
恥ずかしながら、かかりつけ医に教えられるまでホームセンターで売っている蚤取り液の怖さをを知らずに使っていた時期がありました。
今はフロントライン プラスですが、必ずしも100%安全ではないこともわかりました。
何が怖いかと言うとやはり無知な事ですね。こういった情報でメリット デメリットを知る事は大切ですね。
今後もに関する事なら何でも知りたいです
ぴやままさん 
ちーママ
2009/03/23 11:39
ほんと怖いですね。
以前フードでも問題がでたことありましたよね。
うちは、こういうの使ったことがないので
全然知識がありませんでした。
使うことがあった場合は、十分に注意しないと
いけませんね。
うちのブログにも載せたいと思います。
桃とらマン
URL
2009/03/23 11:39
怖いですねー
シャンプーや蚤取り剤でしに至るなんてゾッとします
タラも蚤取り剤でかぶれましたから、他人事じゃありません。
でも、アレ以来使ってないんです
散歩もしなくなったし、また被れるんじゃないかと心配で^^;
でも、お散歩する仔にとっては、必需品ですからねー

そう言えばあの時、病院で蚤駆除剤の名前をしつこく聞かれたけど、病院では情報として入って来ていたのかも知れませんね^^;
ふぐにゃん
2009/03/23 13:20
情報ありがとうございます。
私もちょうどノミとり製品を買おうかなと思っていたところです。でも裏庭に住んでいるのでノミがいても私達人間への不便を気にしなくていいので、無理してミリーに魔の一滴をたらさなくても自然のままでも良いかなと考え直しました。今はブログという情報媒体がすごいパワーを持っているのだなとあらためて思います。
Morning Beauty
2009/03/23 14:15
こういった情報をいただけるのは大変助かります。
最近になって色々な問題が人間に対するものを含めて取りだたされ、注意するように意識改革されましたが、
訴える事のできない動物に関しては、なおさら飼い主が注意をはらわないと・・・と改めて思いました。
いつもと同じ予防接種でさえ、その時の体調で発熱症状が出て慌てた・・という飼い主さんの話も聞きました。
人間の場合と同じですね。こちらもある程度の知識は必要と思いますし、疑問に思った事はお尋ねする事にしています。
kuroro
2009/03/23 14:45
知らないという事は怖いですよね。
以外と何が入っているかすらもきにせず
薬と言う事で安心して使用してしまう所
があります。
与えられる側のペットを守れるのは飼い
主のキチンとした知識があるか無いかで
違ってきますよね。
以前、ブログを通じて危険なペットフー
ドの記事を見た事があります。
有名なメーカーが各種取り上げられてて
不安を覚えました。それから、手作り
ごはんを勉強中です。一番怖いのは成分
をきちんと表示してない事もあるという
事です。儲けの為に・・・

ぴやままさん、教えて頂きありがとう
ございました。
ニキティキ
2009/03/23 18:59
うちは毎年、
かかりつけの動物病院でフロントラインプラスを処方してもらっています。
特に痒がったりしたことはありませんが、
薬、食べ物などなど、
何かあってからでは取り返しがつきません。
原産国や成分など、きちんと見極めて、
大事な家族を守ってあげたいと思います。

情報、ありがとうございました。
みーちゃん
2009/03/23 20:54
情報、ありがとうございます!
ホントにね…
正規のフロントラインやレボリューション等は、合うコ、合わないコが居るってのは当然ですが、
成分に問題有りの薬が堂々と出回ってるっていうのとはまた別の話で・・・許せないですね。
薬事法とか無いのかなぁ…マッタク…。
何にしても、お薬は素人判断で与えないようにすることが大切だと思います。

P.S. 前記事のコメレスで…
≫お嬢様、見つけてくださってありがとうゴザイマシタ!^-^
Fess
2009/03/23 23:07
 べべままさんへ
本当に許せませんね。
自分のコを守るのは自分しかいないとつくづく思います。
ぴやまま
2009/03/24 00:03
 玉ちゃんさんへ
転載して頂けるんですか?ありがとうございます。
うっかり購入される人がないことを祈りたいです。

レボリューションが悪いわけではないと思います。
ウチに合わなかっただけですから^^;
ぴやまま
2009/03/24 00:06
 ちーママさんへ
私だっておんなじです。お薬だけじゃなくご飯だって昔は成分表や原材料なんて見ていませんでした。
病気になったり年をとったりして、そう言う事まで知るようになりました。
小さなウチから自分がもっと分かっていたらと思います。
ぴやまま
2009/03/24 00:12
 桃とらマンさんへ
フードの時は確か処方食までありましたよね。
あの時もヒヤヒヤしました。
市販されているものは安全という意識は変えていかなければならないですね。
紹介してくださるの? ありがとうございます。
ぴやまま
2009/03/24 00:30
 ふぐにゃんさんへ
そうだったんですか。ウチも4年前からノミの予防はしてないです。お散歩はたまなので、帰ったら必ずお風呂に入れるようにしました。
それでじゅうぶん対処出来ているので。。。
保護猫ちゃんを迎え入れる場合はそうもいかないだろうし、何より社会が安全を重視するようになってもらいたいものです。
ぴやまま
2009/03/24 00:39
怖いですね
確かにノミを殺すという事は殺虫成分が含まれているものを体に点けるのですから、安心できるものでなければならないですよね
実は蚊取り線香系のモノも使わないようにしています。
これも蚊が死ぬという事は殺虫成分が含まれていますから。
ぴや君のアトピーは生まれつき、ではなくレボリューションにしてからなんですね
きっかけや体質があるとはいえ、やはりノミ取りの薬の使用を考えてしまいます
一応ランはノミ取りはしていません。外には出さないので。
でも、たま〜にノミを見つけるのでその時だけ病院でノミ取り(フロントライン)をしています
なんだか文章がまとまらなくてごめんなさい
ぴやままさんの紹介によって、改めて色々と考える事ができました
私もブログの方で紹介させていただきます
misarin
URL
2009/03/24 00:45
 Morning Beautyさんへ
昔、「医者の言う事は正しい」と盲目的に信じていた頃があります。辛そうだと心配で医者の言う通りにしておけば安心だと思っていました。
1週間飲まなければいけないお薬を4日目位から急に嫌がるようになって、それでも騙し騙し飲ませた事があります。案の定、胃をやられて食事が出来なくなった。
おかしいなと思ったらやめる決断もすべきだったんです。動物はものが言えないけれど、良くないものを拒否する本能があるんですね。
それからは自分の直感を信じる事にしています。
お医者様の言う事も大切ですが、何より毎日傍で見ている者がいちばんよく分かっているハズですもの。
子育ての時はそうやってきたのに、動物となると自信がなくなる。人と同じなのにね。
ぴやまま
2009/03/24 01:16
 kuroroさんへ
人の口にするものでさえ、信用できないモノがある世の中ですもの。動物ならなおさらのこと。
私も普段うとい方ですので、こういった情報は有難かったです。
ウチは最近めっきり年をとったように感じています。
予防接種もせずにおこうかと思案中です。
他の猫との接触もありませんし、外を自由に歩くわけでもないですし。
なるべく要らぬ刺激は避けたいと思っています。
ぴやまま
2009/03/24 01:27
 ニキティキさんへ
本当にそうですね。私もよく確かめもせず使用していました。飼い主の直感も大切だと思います。
ノミの薬もメーカーが変った時、なんとなく嫌だなと思いました。それを優先すれば良かったと後悔しました。
手作りご飯の勉強されているんですか。
ウチはいま処方食ですが同じ物を何年も食べ続けさせることに少し不安を感じています。
ぴやまま
2009/03/24 01:49
 みーちゃんさんへ
フロントラインプラスについて詳しい情報がANKOさんの「Mac Cat」で紹介されています。
参考になさってください。
お互い大切な家族を守っていきたいですね。
ぴやまま
2009/03/24 01:54
 Fessさんへ
こういう薬が簡単に購入出来てしまうのはとても怖いです。今は人間の口に入るものですら信用ならないものがあるんですものね。
ウチのケースはこの情報とは性格の違うものですが薬による副作用も怖いです。
非常時以外、薬に頼りすぎないようにしたいものです。

娘に伝えます(^^)
ぴやまま
2009/03/24 02:05
 misarinさんへ
そうなんです。それまではフロントラインを毎年使っていてなんでもなかったんですよ。
レボリューションの成分が合わなかったんでしょうね。
後日、高度医療センターの皮膚科で診て頂いた時にレボリューションがきっかけになったと判りました。
お薬を替えた時になんとなく気になってその日からの経過観察をノートにつけていたので役に立ちました。
紹介してくださるとのこと、ありがとうございます。
ぴやまま
2009/03/24 02:16
怖いですね。我が家は獣医さんのところでフロントラインを処方してもらっています。今のところ何もないです。わけのわからない外国製品はなるべく使用しないようにします。お知らせいただきありがとうございます。
ふるふる&ばば連
2009/03/24 11:10
昨今は「ペットブーム」に付け込んだ商品が、多々あるように感じます。
営利目的や、資本主義が先行しているかのようです。
高度成長期以来、ここ30数年前から化学物質入りの洗剤・せっけんが横行するようにもなり、様々な病気を引き起こしていますね。
我が家では、数年前から「純せっけん」(食器・洗濯・シャンプー)に切り替えています。
シャンプーは、化学物質が頭皮に付着し、女性は子宮に男性は前立腺に毒が溜まるそうです。
子宮摘出手術で取り出された子宮から、看護師さん曰く「シャンプーの臭いがする」?…。
合成洗剤などに使われている「化学物質」は、軽皮吸収(毒)10日で10%しか出ていかないそうです。
それと、毎日シャンプーする人もなりやすいとか。
昔ながらのせっけんは、汚れもよく落ちますし、泡切れも早いです。
動物も人も、体の調子が悪い時は、よく眠りますよね。
自然治癒力で休ませるんでしょうね〜。
ぴや君 無理をせずに ゆっくりねっ…。






ムーン
2009/03/24 17:40
 ふるふる&ばば連さんへ
本当に怖いですよね。
飼い主も日々勉強しなくてはと思いました。
ぴやまま
2009/03/25 17:18
 ムーンさんへ
シャンプーの話、驚きました。
私も合成洗剤が合わないので石鹸を使っているんですが、シャンプーまでとは知りませんでした。
人間でもそうなんですから動物に使用するものがいい加減なのも仕方ないのでしょうか。
動物は症状も言えませんし回避の方法がありませんから
こちらがじゅうぶん気をつけなければと思います。
ぴやまま
2009/03/25 17:25
報告ありがとうございます。このような危険な商品が出回っているなんて…私も大切な二匹の猫と一緒に暮らしています。この子達のためと思って購入した物に死に至るような危険な成分が入っていると後になって気付く前に報告してくださって本当にありがたいです。同じ家族の猫達を守る為に成分に気をつけて購入しますm(_ _)m

2009/03/25 21:34
 ゆさんへ
参考にして頂けたら幸いです。
もう少し詳しい追加の情報がANKOさんのブログ
「MacCat」で紹介されています。
よかったらご覧になってくださいね(^^)
ぴやまま
2009/03/25 21:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

サイト内検索


サイト内 ウェブ

ランキング



書籍

デブねこ ぴや、還暦です。
デブねこ ぴや、還暦です。

ぴやくん動画


ツィッター

piya420をフォローしましょう

メールフォーム

クリックで開きます
ウェブリブログ以外の方はこちらをどうぞ

いつもご覧くださる皆様へ 「デブネコぴや君」のPちゃんち /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる